肌を重ねた相手の最期はやっぱり哀しい

どうも。芝野加誉子です。

今日はマツエク付けてテンション上がってるから、プライベートブログも更新しちゃうよ。調子に乗ってるときに更新することにしていますんでね。

えっとね。今日は昨日のブログの続き。今度はわたしの黒歴史っつーか体験です。

昨日のブログはこちら↓
死ぬまであなたを愛してた
https://onkatsujoshi.com/2019/02/04/2125/

わたしもかつて、過去に付き合ってた…じゃないや、過去にSEXしてた人の葬儀で号泣したことがあります。

SEXイコールお付き合いでは決してないのでね。カラダだけの関係はお付き合いではありませんよ。

これについては、また別の時に書こうと思います。

で。その当時は、ずっとその人が調子悪くて入院しているというのは耳にしてまして。

それでもある日突然亡くなったという知らせを受けた時は、その日1日仕事が手につかなくてね。

翌日の葬儀に知り合いと一緒に行きまして。葬儀が始まる前に、棺の中の顔を見ただけで泣きそうになるのをとりあえず堪えました。

なんかね。覚えていたイメージよりもかなり歳とってて。それが衝撃だったのかしらね。この辺はもう曖昧になってます。

それから葬儀が始まって、思い出が蘇ってくるにしたがって、もう人目も憚らず泣きました。お焼香の時には大号泣してたわね。

まだ愛していたわけじゃないのよ。

そうなのよ。その時にまだ愛情があったわけじゃないのよ。

わたしは、彼が人としてダメになりかけた時に手を放したんです。わたしがいることで、どんどんダメになっていくのが目に見えてしまったから。

元々オンナと酒に溺れやすいタイプだったのかしらね。

でも、わたしが手を放したことで、ダメになっていく速度がどんどん増してしまって。確かそれが思い出されて涙が止まらなくなった気がするのよね。

手を放したことを後悔はしていないけれど、少しだけ反省はしています。あの時もう少し違うやり方はなかったのかってね。

でもごめん。わたし、ダメになっていく人を面倒見れるほど、人間できてないのよ。

どっちかっつーと、薄情なのはわかってるんだけど、愛想尽かしちゃうんだよね。わたしがお豆腐メンタルだから、共倒れはしたくないの。

わたしは結局は強い男が好きなのよ。それを考えると、うちの夫は鋼のメンタルだから、わたしの守りができてるのかもしれないわ。

そう。うちの夫は強がってるわけじゃなくて、本当に鋼のメンタルなの。営業マンって、鋼のメンタルじゃないとやっていけないのかしらね。

わたしの大号泣は、夫の元愛人さんのように愛ゆえの大号泣ではなかったので、縋り付いて泣くなんてことはなかったけれど。それでもやっぱり肌を重ねた相手の最期は哀しいものです。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

最期の時にすべてがわかる。愛されていた人たちの最期。

どうも。芝野加誉子です。

ここ最近のわたしの課題は父と向き合うことのようです。確かこの前も書いたな…笑

わたしは物心つく前から、公務員だった祖父母に「きちんとする」よう育てられてきました。跡継ぎには甘い芝野家。「きちんと」を強要されたのはわたしだけ。父や弟はわたしから見るとちゃらんぽらんの塊でした。

続きを読む