死ぬまであなたを愛してた

どうも。芝野加誉子です。

お久しブリーフ。1ヶ月以上放置しとりました。無理しないにも程があるわな。

でもねぇ。今年は今まで以上に自分に甘くいこうと思ってますんで、懲りずにお付き合いくださいな。

で。ちょっとここんとこ考えてたことがあって、久しぶりに書いてるわけですけども。

うちの父。一昨年に亡くなったんですけどもね。

母曰く、葬儀に来てた元愛人の数。

7人。

何で知ってるかって?

母が教えてくれたのよ 笑

うちの親父は、常に愛人がいた人でして。

母と結婚する前日に「結婚しても愛人と別れる気はない」と宣言したらしいっす。父にゴルフセットをねだったら、親父の愛人のお古がやってきたしね。

まぁわたしだったら絶対に選ばないわな。

そんな親父は、家族からしてみりゃ本当にロクでもない親父でした。

だってさー。家にいたらゴロゴロしてテレビ占領してんのよ。しかも2台あるテレビを2台とも。

いやいや。1台くらい子どもに譲れよ。

だから毎日夜飲みに行きゃ良いのにと思ってましたね。

後はねぇ。愛人らしき人からの電話をとったこともある。

とにかく無言なの。何か言ってくれりゃこっちも対応できるけど、無言っつーのが一番困るわな。

そうそう。忘れもしないわ。

わたしの虫の居所が悪い時に連続で無言電話掛けてきた人がいてね。あんまりにもイラっとして、キレて捲し立てたわけですよ。

そしたら向こうで啜り泣いてんの。

悪いのはわたしか?

まぁ母と間違えていつものようにやったんだろうけどね。「いつまでも調子に乗ってんなよ」って思いを込めて牽制しときましたわ。

えっとね。わたしが20歳くらいの時だったかしらね。

それ以来わたしは無言電話をとってませんがね。どうなったのかしらね。

えっと…何の話だったかしら?

そうそう。うちの親父の話よ。

まぁそんなうちの親父ですが、葬儀の時は元愛人の方々は泣いてくださってました。一人は大号泣してたわな。

その大号泣っぷりっつったら、わたしの涙が引っ込むくらい。

娘からすりゃ、ありがたい話ですわ。嫁じゃないから言えるんだけどね。

そこまでうちの親父の何が良かったのかは、わたしにはサッパリわかりませんが、それでも彼女たちには別れても愛すべき存在だったのかもしれません。

そこでうちの親父の何が良いのかを、勝手に考えてみました。

えーっとね。とにかくマメです。

外ではね。

相手が男女問わず、まぁ外面が良い。わたしも人のこと言えないんだけども、比較にならないね。

だから、うちの親父がDVやってたなんて誰も信じなかったよね。本当知ってるのは家族だけ。

そしてその外面を常にキープ。だからみんなが騙されたまんま。

つーわけで、モテたい人は手始めにマメになると良いよ。マメな人が嫌いな女性はいないからね。

そうそう。マメなのと執着するのは違うから気をつけて。執着されるのが好きな人と嫌いな人は真っ二つに別れるから。

そんな父は何故母と結婚したのか。

父が亡くなるまではサッパリわかりませんでした。愛人作るくらいなら、結婚しなきゃ良かったのにとさえ思っていました。

でも父が亡くなって気が付いたの。

おかあさんが欲しかったのよ。

うちの母親は、女じゃないの。おかあさんなのよ。

外で女と遊んだ後は、家で待ってるおかあさんのところへ帰ってたんだわ。

だってさー。元愛人はみんな揃いも揃って美しかったんだもの。

子どもがいようが、彼女らは女なのよ。

そんな親父を見てきたからか、わたしはすごく恵まれているなと思います。本当に夫には感謝しかない。

わたしも夫がいるから外でハメがはずせるし、夫もそう。

夫が先に旅立っても、わたしが先に旅立っても、お互い大号泣できるような関係であり続けたいと思います。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

生理的に無理な男(ひと)

どうも。芝野加誉子です。

あけましておめでとうございます。本年もボチボチ黒歴史を思い出しながら更新していきたいと思いますんで、どうぞよろしくお願いいたします。

しばらく更新が空きました。プライベートブログは、気が乗らない時には更新しないことにしています。

気が乗らないっつーか、記憶が曖昧で思い出せないんだよね。

とか言いながら、正月から更新するんだけどねー。

そんな今日は、面倒なお誘いを断る時の常套句について書いてみたいと思います。

夜の世界にいると、わりかし頻繁にお誘いを受けるんですよ。間違いなく、わたしに限ったことではありません。

でもね。いくらわたしが快楽に弱いつっても、だれかれ構わず手を出すわけではありません。

好みっつーものがあるのよ。

わたしね。見るからにおじいちゃんが昔から本当に苦手で。

歳はあんまり関係ないかな。イケオジだったら70歳くらいまでだったら問題ないかな。

いくらエロくても、お尻を触られても、口説いてこないおじいちゃんも大歓迎。その場が盛り上がるから。

お尻触られるくらいは減らないから問題ないわよ 笑

でもさー。「ワシの最後の女に…」なんて言われた日には、手を握られただけで鳥肌立つわ。しわっしわのシミがいっぱいの手で、手をサスサスされると卒倒寸前よ。

もうね。生理的に拒否し始めるんですよね。

で。そんな人に限って「何もしないから温泉行こう」とか「この後ホテル行こう」とか言うの。

何もしないなら、行く必要ないじゃん。

お手当てもらっても無理よ。ご飯食べるなら同伴で十分だわ。

そんなおじいちゃんたちには、店を休むことはできないからってお断りしてました。それでもしつこい人には「経営者に聞いてからOKが出たら」つってましたね。

そしたら何と、それを経営者のひとりに告げ口されまして。

そしてお客さまから責められたって、わたしが怒られるっつーね。それ以降は、その方に対しては尊敬の念なんて皆無でしたわ。

それからはめんどくさくなって、家族が調子悪いから休日は看病しなきゃいけないって断ってました。それ以上は突っ込めないからね。

後はね。わりかし本気で愛人にしようとする方。

本気で愛人にされても困るんだわ。遊べなくなるから。

はい。サイテーとか言わない 笑

当時は結構な外道っぷりを発揮してたんでね。若気の至りだと思ってください。

で。そんな方にはどうするか。

親に子どもの顔を見せてあげたいから、子どもは欲しいと言う。

その一言で、大概の方は引かれます。こっちとしても引いてもらうのが目的だからね。

でさぁ。それをまた経営者に告げ口するの 笑

でも、それくらい本気じゃないと愛人は囲えないでしょうよ。古きよき時代の粋ないい男は、二号さんも本妻さん同様の生活をさせてたんだからね。

甲斐性がない男は、外で女を作る資格なんてないのよ。

断り文句に困ってる方は、使えるものがあったら使ってね♡

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

背中の桜吹雪と埋められた真珠

どうも。お股とお肌の専門家 芝野加誉子です。

昨日さー。オフィシャルブログで未来手帳の活用法を書いたんだけども。

なんと、シェアしたフェイスブックにワタナベ薫さんからコメントいただいちゃったよ!

いやー。著者の方からコメントいただけるのは、やっぱり嬉しいですな♡

ではさっそく今日も黒歴史。昨日でSNSサイトでの出会いは終わりです。

本当はもっとあるんだけどもね。書き出したらキリがないんで。特徴ある人だけでお許しくださいな。

今回書くことで記憶が蘇ってきているので、他にも思い出した時にはまた書きます。

さて。今日からは、リアルな出会いになりますよ。

現実ではSNSサイトでの出会いと同時進行だったので、こちらも思い出した順に書いていきます。

一番記憶に残っているのは、愛人やってた人ですわな。

この方とは、仕事終わりに飲みに行った先で知り合いました。

年齢は、世間一般的にはおじいちゃんの年齢(60オーバー)だったかしらね。でも当時のわたしは70歳以上がおじいちゃんだったので、何の問題もありませんでした。

ちなみに60代でも、見た目がおじいちゃんだとアウトです。60代はダンディ限定ですよ。

はじめはその方のことは、会社経営されてるダンディなオジサマだと思っていました。お金に余裕はあるからということで、愛人のお話をいただきまして。

当時のわたしは着物の借金があったので、ありがたくお受けしまして。

借金?
ン百万(後半の方)です。

でも当時は、働いてりゃ返せると思っていましたよ。

で。初めてのデートで、いろいろと気付いてしまいました。

まずひとつ目。

背中に素敵な桜吹雪が舞ってるよ?

えっとね。タトゥーじゃないの。東山の金さんも真っ青の、肩から腰にかけての素敵な和彫。

よく見ると、背中だけじゃなくて、二の腕にも入ってるよね。

あー。マジなやつだわ 笑

でも別に良いのよ。わたしに対して優しけりゃ、どんなお仕事をされてようが全然関係ありません。

それよりも驚いたことがあるんですわ。ふたつ目ね。

そこに埋まっていらっしゃるのは真珠ですか…?

前回の切除跡じゃないけども、わたしの経験上でモノに何かが埋まっていたのは、後にも先にもこの方だけです。

それまでも、埋めていらっしゃる方もいらっしゃるという知識くらいはありました。でも実際見たことがなかったので、ぶっちゃけトウモロコシみたいになっているんだと思ってました 笑

でも実際に埋まっていたのは5個?6個?くらいで、中である程度移動していました。確かそんな気がしたはず。

それが本当に真珠かどうかはわからないままです。真珠は高いから、歯ブラシの柄を細かくして入れるって話も聞いたことあるし。

でもさすがに聞けないよねー 笑

そして好みの問題だと思いますが、わたしには真珠は不要でした。気持ち良いか悪いかというよりも、真珠が入ってることが気になって、集中できなかったわ。

慣れれば良いのかもしれないですけどもね。あれは意識的に慣れるのに時間かかるわ。

その方とはね。片手で足りるくらいしかお会いできませんでした。出会うのが遅過ぎたのね。夫と結婚が決まるまでのお付き合いで終わりました。

顔はもう忘れてしまったけれど、この方との思い出はこうやって、わたしの中でまだ生きています。

結局は顔じゃないのよ。インパクトよ 笑

■連載中の黒歴史シリーズはこちら
1.黒歴史のはじまり
2.きっとわたしが一番愛した男(ひと)
3.色気なんて状況次第で自然と出てきます
4.キスマークと年下彼氏と出会い系
5.まだ愛してるなんて勘違いです
6.顔で選んだわたしの大誤算
7.仕事とSEXは家庭には持ち込まない
8.彼女の悪口?いえいえ、貴方の悪口です。
9.わたしもドン引く切除跡

■箸休めのつぶやき
肉食と草食。ベッドの中での見分け方。

 

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka

最期の時にすべてがわかる。愛されていた人たちの最期。

どうも。芝野加誉子です。

ここ最近のわたしの課題は父と向き合うことのようです。確かこの前も書いたな…笑

わたしは物心つく前から、公務員だった祖父母に「きちんとする」よう育てられてきました。跡継ぎには甘い芝野家。「きちんと」を強要されたのはわたしだけ。父や弟はわたしから見るとちゃらんぽらんの塊でした。

続きを読む