浮気を疑う男の心理

どうも。芝野加誉子です。

久しぶりの連日投稿。思い付いているうちに書いとかないと、寝て起きたら忘れるアラフォーです。

昔は呑んだら忘れるってことはよくあったけどね。今は呑まなくても忘れるよ 笑

そんな今日は浮気について。

昨年から恋愛アドバイザーとしても活動を始めたんですけども。

悩める乙女専用の濃厚恋愛指南はこちら

活動としてはまだまだこれからっつー感じです。それでも相談者さまのお役に立ててるのは嬉しいもんです。

で。ちょいちょいご相談を受けてるのが、パートナーの浮気について。

よくよく聞いてみると、浮気をされているわけではなくて、浮気をされたらどうしようと不安に思ってらっしゃるんです。自分に自信がないのね。

わたしから言わせりゃ、もっと自信持って!って背中叩きたくなるくらい素敵女子ばかりなのよ。

世の中の大半の女子は、もっと自分の魅力に気付いた方が良いです。

それでもパートナーを愛していらっしゃるから、それだけ不安になるのかしらね。

で。わたしは逆に今まで浮気疑惑をかけられることが多くて。しかもそれなりに自分に自信を持ってるだろう男性に。

その場合は愛されてるとかじゃなくて。

きっと相手が浮気してたのよ。

それか過去に浮気をしてたかね。だから相手が浮気をしてるんじゃないかって疑心暗鬼になるのよ。

でもパートナーのことを本気で好きなうちは浮気したことなんてありませんよ。

不倫の場合は別よ。二番目に貞操観念求めるなっつー話です。

不倫相手に本命扱いしてもらいたけりゃ、自分もケジメつけてからやってください。

とにかく、浮気してないのに疑われたら、その時点で相手に対しての愛情は皆無になるわな。

わたしを疑った歴代の男たちの嫉妬っつったら、きっと阿部定さんよりたちが悪かったと思うわ。

鬼電、鬼メールの嵐よ。不在着信がその人だけで埋まるとか、それだけでテンション下がるっしょ。

後はわざわざ家の電気がついてるか確認に来た人もいたわね。ストーカーじゃね?

あぁ。もっとたちが悪い人がいたわ。

わたしが全然嫉妬しないからっつって、嫉妬させるような行動に出る人もいたわ。

まぁ当時のわたしは水商売だったんでね。彼からしてみりゃ、わたしに対して信用なんてなかったんでしょうよ。

でも付き合う前からやってたんだから、それを分かって付き合ってるのに文句なんて受け付けませんよ。

それでもさぁ。敢えてわたしの目の前で、どこぞの女子とイチャつくとかどうなん?

思い出しただけでもゾッとするわ。これも当たり前ですが、嫉妬する前に愛情は完全に冷めます。

これをやったのが仕事とSEXは家庭には持ち込まないの例の人ですよ。

まぁ色々といいキッカケだったのかもしれないわね。この時は、どっかで浮気でもしてくれりゃ、簡単に別れるのにとか思ってました 笑

ちなみに。わたしも過去に一度だけパートナーの浮気を疑ったことがあります。

対象者は今の夫。時期は産後直後です。

あの時はね。精神がいつもとは違ったんでね。何もかもが不安になっていたんだと思います。

それを過ぎてからは一切ないわね。

夫に疑われたこと?

全然ないわね。今のわたし、かなり大人しくしてるからね 笑

今もね。不安に思っている悩める子羊さんはたくさんいると思う。

でもね。大丈夫。

あなたは、あなたが思っている以上に愛されていますからね。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

生理的に無理な男(ひと)

どうも。芝野加誉子です。

あけましておめでとうございます。本年もボチボチ黒歴史を思い出しながら更新していきたいと思いますんで、どうぞよろしくお願いいたします。

しばらく更新が空きました。プライベートブログは、気が乗らない時には更新しないことにしています。

気が乗らないっつーか、記憶が曖昧で思い出せないんだよね。

とか言いながら、正月から更新するんだけどねー。

そんな今日は、面倒なお誘いを断る時の常套句について書いてみたいと思います。

夜の世界にいると、わりかし頻繁にお誘いを受けるんですよ。間違いなく、わたしに限ったことではありません。

でもね。いくらわたしが快楽に弱いつっても、だれかれ構わず手を出すわけではありません。

好みっつーものがあるのよ。

わたしね。見るからにおじいちゃんが昔から本当に苦手で。

歳はあんまり関係ないかな。イケオジだったら70歳くらいまでだったら問題ないかな。

いくらエロくても、お尻を触られても、口説いてこないおじいちゃんも大歓迎。その場が盛り上がるから。

お尻触られるくらいは減らないから問題ないわよ 笑

でもさー。「ワシの最後の女に…」なんて言われた日には、手を握られただけで鳥肌立つわ。しわっしわのシミがいっぱいの手で、手をサスサスされると卒倒寸前よ。

もうね。生理的に拒否し始めるんですよね。

で。そんな人に限って「何もしないから温泉行こう」とか「この後ホテル行こう」とか言うの。

何もしないなら、行く必要ないじゃん。

お手当てもらっても無理よ。ご飯食べるなら同伴で十分だわ。

そんなおじいちゃんたちには、店を休むことはできないからってお断りしてました。それでもしつこい人には「経営者に聞いてからOKが出たら」つってましたね。

そしたら何と、それを経営者のひとりに告げ口されまして。

そしてお客さまから責められたって、わたしが怒られるっつーね。それ以降は、その方に対しては尊敬の念なんて皆無でしたわ。

それからはめんどくさくなって、家族が調子悪いから休日は看病しなきゃいけないって断ってました。それ以上は突っ込めないからね。

後はね。わりかし本気で愛人にしようとする方。

本気で愛人にされても困るんだわ。遊べなくなるから。

はい。サイテーとか言わない 笑

当時は結構な外道っぷりを発揮してたんでね。若気の至りだと思ってください。

で。そんな方にはどうするか。

親に子どもの顔を見せてあげたいから、子どもは欲しいと言う。

その一言で、大概の方は引かれます。こっちとしても引いてもらうのが目的だからね。

でさぁ。それをまた経営者に告げ口するの 笑

でも、それくらい本気じゃないと愛人は囲えないでしょうよ。古きよき時代の粋ないい男は、二号さんも本妻さん同様の生活をさせてたんだからね。

甲斐性がない男は、外で女を作る資格なんてないのよ。

断り文句に困ってる方は、使えるものがあったら使ってね♡

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

○○○代を負担するのだけは絶対に嫌!

どうも。芝野加誉子です。

プライベートブログを楽しみに待ってくださっている読者さま。更新が滞って誠にすんません。

脳ミソが冬眠しかかっとります。早く冬が明けないかしらね。

さて。そんな今日のお題はデートの際のお支払いについて。

わたしにはこだわりがありまして。

ホテル代を負担するのだけは絶対に嫌です。

これはもう10代の頃からのこだわりです。

ご飯代やお茶代は何とも思わず支払いできるんですけどもね。

いや。むしろランチ代出してもらったらお茶代はわたしが出すし、ご飯代も交互に出せば良いと思っとります。

相手がかなり年上の場合は別ね。ご飯代をすべて負担してもらっている代わりに、小さなお礼をしてました。相手によって状況は変わってきますわな。

でもホテル代は絶対別。

過去にね。二人だけいたんですよ。わたしにホテル代を負担させた人たちが。

もちろん全部じゃないんだけどね。

でもね。その前にご飯に行ってるわけですよ。その時点でホテル代が足りないと思えば、ホテル行くなっつー話ですよ。

ご飯代支払う時点で負担してくれって言われた方が、こちとら気持ちよく出せるわ。

それをやることやっといて、ホテル代が足りないから負担してくれってのはいかがなもんでしょうかねー。つーか、ホテル代なんて誘った方が出せよ?

その人たちとはもちろん次はありません。

ちっさい女で良いのよ。そこの価値観があわない人とは、絶対その後も上手く行かないんだから。

あなたのこだわりは何ですか?

自分のこだわりを我慢してまで付き合う必要なんてないと、わたしは思っています。我慢してたら長続きしませんから。

幸せな恋愛の秘訣のひとつです。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

快楽を得るためには要望を伝える

どうも。芝野加誉子です。

冬眠中の熊のごとく、いくらでも眠れるわたしです。寒いって嫌ぁね。

黒歴史も書いてると、どんどんとネタがなくなっていくわね。

そろそろネタも尽きてるんだけども、楽しみにしてくださってるという温かいメッセージをいただくと、思い出し甲斐があるっちゅうもんです。

そんな今日はSEXの時に、要望を伝えるか否かについて書いてみようと思います。

わたしにも若かりし頃はもちろんあったわけで。若い頃は、相手に遠慮して要望を伝えるなんてことはまったくできませんでした。

されるがまま。言われるがまま。

要望を伝えるイコール相手が下手クソだと言ってるようなもんだと思ってましたんでね 笑

でもね。それなりに経験と歳を重ねてくると、気持ちの良くないSEXに時間を費やしているのが勿体ないと感じるようになりました。それからは相手には要望を伝えるようにしてきました。

28歳頃からかしらね。

そう。タイガーウッズと同じ病気だった頃からよ。愛がなくても嫌いじゃなければ大丈夫なんて、スポーツ感覚で空腹を満たしていた頃です。

だってさー。たいして気持ち良くないのに、感じてるフリをするのもめんどくさいし、実はそれってすごく相手に失礼じゃない?

でだ。いくら頑張ったって相性が悪い場合もあるんですよ。サイズの問題とかさぁ。

わたしの場合は大き過ぎて入らないっつーのは経験ないかな。

どちらかと言えば…ね…笑

そんな相性があわない場合は次はありませんので、それをわかっていただくためにも、まずはやんわりと要望を伝えます。

「もっと奥まで」つってね。

要望に応えようとするけど、どうしようもならないという状況を引き起こす。

ずるいんだけどね。自分でわかれよってことですよ。

SEXの相性はね。愛じゃ乗り越えられませんからね。

わたしはね。SEXありきのお付き合いですんで、そこで快楽を得られなければ無理ですわ。

だからまずは喰ってみるんです。相手に情が生まれてしまってから相性が悪いことがわかっても、別れづらいでしょう?

後はね。テクニック不足の場合ね。

これは確実に要望を伝えた方が良いです。

でも残念なのは、要望を伝えたところですぐに改善できるものでもないっつーことですよ。

そんな時はとりあえず動いてもらうに限るね 笑

それも伝えるの。遠慮なんかしちゃダメよ。

男性だって「咥えて」って言うでしょ?
それと同じだから。

それでもテクニック不足の場合も次はないかな。わたしは出来上がった男性が好きなんですわ。育てるなんてことには興味はありません。

テクニックが上がるまで待ってられないわよ。

テクニシャンな男性の見分け方?

相性はさておき、テクニックに関しては、色気のある男性は基本的には上手いと思います。

それなりの経験を積んできた上での色気ですんでね。

たまに漫画であるんだけど、色気たっぷりな処女とか童貞なんて、そうそういやしないと思うわ。

しっかり要望を伝えて、素敵なSEXライフを送ってくださいね。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

腐女子デビューしました

どうも。芝野加誉子です。

わたくし。最近腐女子デビューしました!

デビューっつっても、今から20数年以上前、一時期腐女子をしていたことがありました。中学生の頃の1年くらいかしらね。それからしばらくは卒業していました。

自分の恋愛に忙しかったのよ 笑

それがここにきて、何故再び腐女子に戻ったか。

純愛ものにハマってしまったからです。

恋愛コンサルタントを始めてから、自分とは違った恋の形を研究しようと漫画を読み漁っているんですけども。

読むのはだいたい少女漫画かBL漫画。両方とも純愛っぷりが泣ける!

特にノンケの彼を好きになったゲイの主人公の心の葛藤が泣ける。

少女漫画の場合は、主人公の切ない乙女心ね。応援して、背中押したくなっちゃうわ。

ちなみに濡れ場にはあまり興味ありません。なんつーかね。他人のSEXは漫画だろうとどうでも良いね。

そうそう。腐女子ですが、BLアダルトビデオには興味ないの。濡れ場に興味ないのと同じ理由ね。

わたしは先日も書いたけれど、モットーはとりあえず喰ってみるです。

だからほとんど純愛というものを経験したことがありません。欲しいと思ったら、絶対手に入れに行くからね。

でもね。今まで結構な数の女子にインタビューしてみたんだけども、世に普及しているマニュアルどおりに「3回目のデートでキス、5回目のデートでSEX」だっけ?ってのを守られている方が多いみたいですね。

でもさー。そうやって付き合うようになってから、からだの相性悪いのに気付いても、別れにくくない?

からだの相性悪いくらいじゃ別れないの?

あぁ。インタビュー不足だったわ。

わたしはとにかく快楽主義者なので、からだの相性が悪い人とはお付き合いできません。ストレスとかその他もろもろ溜まるからね。

好きだったら、会えばヤリたくなるのが当たり前じゃない?

だからまずはとりあえずヤってみる。

その時の対応云々で、その後のお付き合いを決めるようにしています。

だから奔放にやっているようですが、当たり前ですが好きな人とでなければSEXはしません。

お互い遊びの場合は別よ?

タイガーウッズと同じ病気だった時には、嫌いじゃなければ空腹を満たしていましたね。

というわけで、今さらながら純愛に憧れています 笑

ここまで書いて気付いた方もいらっしゃるかと思いますが、わたしの恋愛コンサルタントは純愛をお望みの方のご希望には沿えないかもしれません。

それでも次の一歩を踏み出したい方のお役には立てるかと思います。

小さな一歩が、実は人生を大きく変えることもありますよ。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

ノンケのわたしとLGBTのBの男(ひと)

どうも。芝野加誉子です。

また更新が空いてしまいました。黒歴史ではないんだけどもね。なかなか文章がまとまらず、書いては消しを繰り返しとりました。

そんなまとまらないテーマはLGBT。

最近いろいろなところで取り上げられているのでご存知だとは思いますが、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーのことですね。

わたしは完全にノンケとして37年間生きてきたんですけども。バイセクシュアルの方(もちろん男性)にお誘いを受けることもありました。

わたしは完全にノンケとして37年間生きてきたんですけども。バイセクシュアルの方(もちろん男性)にお誘いを受けることもありました。

バイの方は、カムアウトしてくださる方が多かったかな。でも、彼らのうちお誘いを受けたのはごく僅かです。

とりあえず喰ってみるがモットーのわたしが何故躊躇したか。

コンドームが使用できないから。

わたしね。実はゴムアレルギーなんですよ。

初めての時にもちろんコンドームを使用したんですが、なんと大陰唇が腫れ上がってしまったんですわ。しかも中もヒリヒリするの。

もうね。まだ若かったこともあり、怖気付いてしまってね…

それから数回試しましたが、とりあえずは挿入できても、痛くて仕方ない。

完全に大人になってからは、自己責任で、コンドームを使用しないで情事に及んでいました。

その代わり、避妊は絶対していましたね。外出しなんて信用しちゃダメよ。

それ以上に、病気には警戒していました。性病検査も数ヶ月に1度は必ず受けていましたね。

おかげさまで、というか、ありがたいことに性病にかかったことはありません。

で。バイセクシュアルの方の何が怖いか。

男性同士でSEXする際も、生でなさってらっしゃること。

バイだとカムアウトされた方には必ず聞いてましたんでね。

いや。決まったパートナーとしかしない場合は、全然問題ないと思いますよ。衛生上はどうかと思ったりもしますけども…

それはお互いの自己責任ですからね。

でもね。お尻の中って大腸菌とかいらっしゃるわけですよ。

それが自分の子宮近くに入ってきたらと思うと、流石のわたしもビビる。

ぶっちゃけ、まだそんな意識のない昔々にバイの方と遊んでましてね。性病検査をした際に、お股の中に大腸菌がいたんですよ…

それからは怖くて、お断りさせてもらっていましたね。

いやね。本当自己責任よ。

悪いのは相手じゃなくて、意識が薄かったわたしですから。

そうそう。性病は風俗嬢よりも素人さんの方が意外とかかっていたりします。検査する習慣がないから。

ある程度の金額の風俗店は、必ず最低でも月に1回は性病検査をします。嬢とお客さまを守るためです。

知識のない素人ほど怖いものはないのよ。絶滅寸前だった梅毒だって、一時期は女子高生がかかっている割合がいちばん高いくらいでしたもんね。

結局書いてみたら黒歴史かしらね 笑

「スキャンダルなら男の勲章」なんてテレサテンが歌ってましたが、女だって遊びたい時もあるのよ。

でも女性は男性よりも背負うリスクは多いです。自分の身は自分で守って、楽しく遊んでくださいね。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

本能的に匂いで選ぶ

どうも。芝野加誉子です。

昨日のSとMと男と女はたくさんの共感をいただけたようで、とても嬉しいです。

やっぱりね。間違った思い込みは怖いよね。

では、さっそく本題にいきましょうかね。

今朝オフシャルブログで、お股の専門家とは何ぞやってことを書いたんですけども。

お股の専門家っつって名乗ってますとね。マニアックなご質問もいただくわけですよ。SEXについてのね。

冷やかし的なものはすべて即削除させていただいております。お誘いも受け付けておりません。

真剣なお悩みも、個別にはお返事していません。悩んでいる方が多そうなテーマはブログで取り上げることもありますんで、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

でだ。冷やかしの中で多いのが、SMプレイに関することね。

縛られるのは好きかとか、ロウソク使ったことはあるかだとかね。

うん。昨日も書いたけど、わたしは痛いのが嫌いなMですんで、ショーのようなSMプレイには自分がするとなったらまったく惹かれません。むしろ引くわ。←上手いね、わたし 笑

あっ。ショーとして見るのは好きですよ。芸術的に美しいものは好きですからね。

つーかさぁ。そんなことはわたしに尋ねるよりも、好きな人とやってくれ?

過去にもわたしのMっぷりを見抜いた人にお誘いを受けたことはあります。でも痛いのだけは勘弁してくれと伝えました。

ら。手枷・におい足枷と玩具を持って来られました。まぁそのくらいまでが、わたしが楽しめる許容範囲です。

お互いの趣向が一致していて良かったわ。

で。それ以上をお求めの方は、わたしには声をかけてこられませんでしたね。匂いでわかるのよ。

過去にそういう趣向をお持ちの方がいらっしゃったんだけどもね。その方は、ご自宅に専用のお部屋をお持ちでした。

パートナーとのプレイを写真で見せてくださったんだけども、めっちゃ反応に困りましたわ。

たぶん最初は写真を餌に釣ろうと思ってらっしゃったっぽいんですけどもね。次第に趣向の差にお気づきになられたようです。

「君じゃ、お互いに満足できないかな」って言われたよ。

わたしもそう思うわ 笑

えっとね。からだの相性がいい相手からは、ものっすごく美味しそうな匂いがするのよ。首をかじりたくなるよね。

これがフェロモンなのかしらね。遺伝子レベルで引き寄せられる気がするわ。

だから趣向の部分も含めて、匂いにピンとこなければ相性はそこそこ止まりかなと思われます。

これも持論ですんでね。そんなことないよって場合はごめんなさいね。

でもこれね。テクニック云々でどうなることでもないと思うんですよ。

だってただイキたいだけなら、自分の右手もしくは左手で十分だもの。相性ってそうじゃないのよ!

あー。誰か代わりに説明してー 笑

というわけで、複数の相手の中からなかなか一人に絞れない場合は、まずは匂いを嗅いでみてください。

美味しそうな匂いを選べば、きっとハズれませんから。

たまには本能に忠実になってみてくださいね。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka

SとMと男と女

どうも。芝野加誉子です。

ご無沙汰しとりました。ここのところ、オフィシャルブログを書いたら頭がフリーズしてました。

今日の雨のおかげか、やっと回復に向かい始めたような気がしています。気のせいだったら、また更新止まりますんで悪しからず。

そんな久しぶりの今日は、S(サディスティック)とM(マゾヒスティック)について書いてみようかと思います。

世の常で、男女が顔をあわせるとSとMの話が上がってきますよね。

えっ?そんなことはないって?笑

まぁ夜の世界ではありがちな話です。

わたしは結構前からぶっちゃけていますがMです。

でもなかなか信じてもらえないので、普段は口にすることはありません。たぶん毒吐き過ぎなんだと思うわ。

Mがみんな控えめでオドオドしてるなんて思ったら大間違いよ。

かつての古巣のネエさんで「普段はSだけど、旦那の前だけではMになる」って人がいました。

うん。わかる。

好きな男にだけ本性を知っててもらえれば良いのよ。

肉食の男性はね。わりかし最初から見抜いています。見抜く人とは間違いなく相性が良いです。

情事の後に気付くのは当たり前ですよ。でもそんな人が相手だと、Mっぷりを発揮できてないけどね。情事の際に、自分が気持ちよくなるために指示出してることもあったわ。

で。自分のことをSだと宣言する女性は、半分以上Mな場合が多いです。

Sの方が優位に立ってるとでも思ってんのかしらね。

でも実は情事の際に優位に立っているのはMの方なんですよ。

だって何だかんだ言いながら、Mは自分が気持ち良くなるようにSに頑張ってもらってるんだもの。

わたしは相手も気持ちよくなってもらいたいから結構なこともやるけど、最終的にはそれ以上に自分が気持ちよくなりたいんですわ。快楽に貪欲なのよ。

言葉責めしろとか言われても、めんどくさくてできないわ。だってわたしは気持ちよくないじゃん。

はい。自分がいちばん可愛いんです 笑

ちなみにわたしはMですが、痛いのは嫌いです。

中途半端なSは、Mはみんな痛いのが好きだと思ってんのよ。そんなわけあるかっつーの。

痛いことをされると、相手のナニを握り潰すか踏み潰してやろうと思います。

遥か昔に拳を入れようとしたおバカさんがいらっしゃったんだけどもね。未遂だから許したものの、もし本当に入れてたら、お返しにお尻に拳を入れて差し上げてたわ。

で。マグロな女性はSの場合が多いと思うんですよ。わたしの勝手な持論なんですけどもね。

相手の動きにどう対応したら良いのかわからないんじゃないかと思います。ただ経験が少ないだけ?

今までにいろんな方の話を聞いてきましたが、わたしの周りにいた本当のマグロさんは一人だけです。

その方はご自分をMだとおっしゃってましたが、どう見てもSでしたね。

前出のネエさんと意見が一致したので、間違いはないと思います。

やっぱりね。M属性の人はS属性の人の方が相性は良いと思います。逆も然り。

しかもそれぞれ同じレベルだとなお良いね。これも長続きする秘訣です。

これからパートナーを見つける人は、ちょっぴり参考にしてみてください。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka

価値観が一緒なのが重要ポイント

どうも。芝野加誉子です。

久しぶりにイライラが控えめな日曜日です。毎日心穏やかに暮らしたいもんですわ。

今日は黒歴史を踏まえた上での今の思いを書いてみたいと思います。

今朝オフィシャルブログで枕営業に意味がない理由を書いたんだけども。

今まで書いてきた黒歴史で、わたしは枕営業は一切ありません。お客さまと関係を持ったことはあるけどね。個人的な好意であって、営業ではありません。

プライベートで付き合うと、店には来なくなるんでね。

からだ目当てなのかと言い放った人もそうなんだけど、完全に脚は遠のきましたね。

この人は、もともと店の常連さんがたまに接待で連れてこられてたんですわ。だからお店に独りでこられるような人ではなかったので、別に普段は店に来てくれなんて思ったことはありません。

でも誕生日やクリスマスくらいは、わたしも付き合ってる人と同伴してでも一緒にいたいわけですよ。

それで、たまには同伴してくれつったら、じゃあ売り上げに貢献するんだから、自分とこで扱ってる商品も買えっつってね。

はい?(右京さん風にね)

これは別れた年に言われたかしらね。

これがね。遊び相手だったら何とも思わない。それが仮にも家にまで上がり込んでるヤツの言う台詞かっつーの。

こんな交換条件出された時点で、きっともうわたしは冷めてたんだわね。家に帰ると部屋を散らかされていることにもウンザリしていたしね。

気持ちはすでになかったから、その後のカラダ云々が決定打になっただけですわな。

あぁ。思い出すのはそんなセコいところばかりだわ。一度キレてしまうとね。良い思い出なんてすべて消滅してしまいますな。

唯一付き合いだしてもマメに通い続けたのは、今のうちの夫。

うちの夫は、他の店の紹介で、接待でやってきたのがはじめましてです。そこからマメに通ってくれるようになってね。

付き合い出してからも、わたしに格好付けさせるためだけに店に通ってましたわ 笑

だから結婚に辿り着いたのかもしれません。

うちの夫はね。化粧して完全武装したわたしが好きなんですよ。だから出掛ける時間が掛かっても、なるべくなら化粧をして欲しいらしいです。

ぺったんこの靴よりも、歩くのが遅くても良いからパンプスの方が良かったりとかね。

これ、結婚してから話すと結構びっくりされるんですよ。化粧なんて良いから早く出掛けようって言う旦那さんがわりかし多いみたいですね。そんなもん?

まぁ好みの問題なんでしょうけどもね。完全武装したわたしっつーより、完全武装したわたしを連れて歩くのが好きなのか?

まぁどっちでも良いわ 笑

そういう点では、実の母よりも夫といる方が楽ですわ。うちの母親は、完全武装したわたしを見て、目立つから恥ずかしいなんて言いますからね。

やっぱりね。そういう価値観も一緒じゃないと、ずっと一緒にはいられません。

それを考えると、やっぱり夫との出会いは運命だったのだと思います。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka

餌をやらないと魚は逃げる

どうも。芝野加誉子です。

しばらくプライベートブログお休みをいただいておりました。黒歴史はテンションが上がらないと書けませんな…

そんな今日の黒歴史は以前書いた年齢詐称をしていた人のストーカーっぷりを書いてみようかと思います。

出会い系で出会った彼は、ひと回りサバを読んでました。本当は30歳上なのに、18歳上だと謀ってたんですわ。

本当はね、会った瞬間にわかりましたよ。だってどう見ても親父より年上にしか見えなかったんだもの。

でもまだ20代半ばのわたしには、それを本人に言う勇気はありませんでした。

会ったその日に本人に打ち明けられたんだけど、言われるまで気付かなかったふりをするしかなかったよね 笑

まぁそんな彼としばらく付き合っていたんですけども。

自分にどんだけ自信を持ってるのか知らないけども、とにかく人を見下す。

わたしには優しいふりをしながら、ちょいちょい見下す。

あぁ、この人も前に付き合ってた人とわたしを比べてたわ。

で。飲みに行くときはお高い鉄板焼きに行くとか偉そうなことを言う割には、わたしとの外食はチェーン店。

別にそれは構わないのよ。問題はそこでご飯に文句をつけること。しかも大声で。恥ずかしくて仕方なかったわ。

百貨店に行くと外商の人がお供についてくださるんだけども、その人に対しても態度が偉そう。

もうね。とにかくいつも偉そうなんですわ。それがわたし的にはストレスでしかなくてね。

そんな中水商売を始めたわたしは、以前も書いたとおり遊び相手を見つけて、ちょくちょく遊びに出るようになりました。

そんなわたしの態度の変化に気付いたのか、だんだんストーカー的な行動をし始めたんですよ。

はじめのうちは、仕事が終わる時間を30分過ぎても家の電気がついてなければ、どこにいるのか所在確認のメールが入ってくる。いちいち家まで確認に行ってたのよ。

自分が飲みに出ている時には帰りに待ち合わせを強制する。

もうこの時点でめんどくさくなってたんだけども、その後極めつけの出来事がありまして。

遊び相手に泊まりでのデートに誘われまして。その日の早い時間は母と出かける約束をしていたので、彼には母と出かけると行って出かけたんですわ。

夜に帰ったかの連絡がきたので、帰ったと伝えて携帯を放置してましたら…

着歴がすべて彼で埋まってました(汗

挙句にメールで「電気がついていないけど、本当はどこにいるの?」つって入っていて、マジでドン引きしたのはいまだに忘れていません。

めんどくさいので、一度電話を入れて「今日は疲れたからもう寝ている」と伝えました。

ら…「翌日に使うから今すぐに貸した時計を返してほしい」とか言うんですわ。

「いやいや。疲れてるから明日にしてくれ」つって、ウザいので電源を落としたんだけども、翌朝電源を入れたらまた留守電が入ってんの。

早朝に送ってもらった後に、玄関のドアのノブに時計を入れた紙袋を引っ掛けて、「引っ掛けてあるからいつでも持って帰ってくれ」とメールを入れておきました。

その後に何かメールが入っていたんだけども、ウザ過ぎて真面目に見なかったような気がする。

もうね。こういうことされると一気に冷めるんですわ。わたしだけじゃないよね?

それからすぐに別れてくれと伝えました。

最後に一度会ってくれと言われたので、出かける前の数分で良ければ会えると伝えましたらば。

いつもはくたびれたジーパンにヨレヨレのトレーナーとか来ているのに、その時は何故か彼なりの正装をされていて。最後のプレゼントだと、某テレビ通販の調理器具をもらいました。

要らないから速攻で人にあげたけどね。

ちょうど引っ越し先を探していた最中だったので、引っ越すから二度と来ないでくれと伝えておいたんだけど、引っ越した数日後に店に引っ越し祝いの花が届きました…

いやいや。キモ過ぎますよ?

釣った魚に餌をやらない男性が多いですよね。で、逃げた後に再度釣ろうとするんです。

無理ですからね?

別に物が欲しいわけじゃないんです。女が欲しいのは優しさや温もりや安心感なんです。

女心と秋の空。女心は変わりやすいんですよ。

気が付いたら逃げられていたなんてことがないように、餌やりを忘れないでくださいね。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka