腐女子デビューしました

どうも。芝野加誉子です。

わたくし。最近腐女子デビューしました!

デビューっつっても、今から20数年以上前、一時期腐女子をしていたことがありました。中学生の頃の1年くらいかしらね。それからしばらくは卒業していました。

自分の恋愛に忙しかったのよ 笑

それがここにきて、何故再び腐女子に戻ったか。

純愛ものにハマってしまったからです。

恋愛コンサルタントを始めてから、自分とは違った恋の形を研究しようと漫画を読み漁っているんですけども。

読むのはだいたい少女漫画かBL漫画。両方とも純愛っぷりが泣ける!

特にノンケの彼を好きになったゲイの主人公の心の葛藤が泣ける。

少女漫画の場合は、主人公の切ない乙女心ね。応援して、背中押したくなっちゃうわ。

ちなみに濡れ場にはあまり興味ありません。なんつーかね。他人のSEXは漫画だろうとどうでも良いね。

そうそう。腐女子ですが、BLアダルトビデオには興味ないの。濡れ場に興味ないのと同じ理由ね。

わたしは先日も書いたけれど、モットーはとりあえず喰ってみるです。

だからほとんど純愛というものを経験したことがありません。欲しいと思ったら、絶対手に入れに行くからね。

でもね。今まで結構な数の女子にインタビューしてみたんだけども、世に普及しているマニュアルどおりに「3回目のデートでキス、5回目のデートでSEX」だっけ?ってのを守られている方が多いみたいですね。

でもさー。そうやって付き合うようになってから、からだの相性悪いのに気付いても、別れにくくない?

からだの相性悪いくらいじゃ別れないの?

あぁ。インタビュー不足だったわ。

わたしはとにかく快楽主義者なので、からだの相性が悪い人とはお付き合いできません。ストレスとかその他もろもろ溜まるからね。

好きだったら、会えばヤリたくなるのが当たり前じゃない?

だからまずはとりあえずヤってみる。

その時の対応云々で、その後のお付き合いを決めるようにしています。

だから奔放にやっているようですが、当たり前ですが好きな人とでなければSEXはしません。

お互い遊びの場合は別よ?

タイガーウッズと同じ病気だった時には、嫌いじゃなければ空腹を満たしていましたね。

というわけで、今さらながら純愛に憧れています 笑

ここまで書いて気付いた方もいらっしゃるかと思いますが、わたしの恋愛コンサルタントは純愛をお望みの方のご希望には沿えないかもしれません。

それでも次の一歩を踏み出したい方のお役には立てるかと思います。

小さな一歩が、実は人生を大きく変えることもありますよ。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

テクニック不足は道具で補う

どうも。お股とお肌の専門家 芝野加誉子です。

黒歴史シリーズ。想像以上に好評をいただいています。ありがとうございます。

思い出せる限り書いていきたいと思っています。

昨日のタイガーウッズと同じ依存症

もちろんリスクがあることは承知の上でした。それでも自分の衝動を止められなかったので、やはり病気だったのでしょう。

リスクを受け止められないならば、例え同じ病気だとしても、わたしと同じことはやらない方が良いと思います。

性病感染や、望まない妊娠。もし仮に我が身に降りかかったとしても、これはあくまでも自分の責任です。決して他人のせいではありません。

だから遊ぶにも覚悟がいるんですよ。自分の身は自分で守りましょう。

今日は隠れた性癖について。

表面的にはノーマルな方にも、隠れた性癖はお持ちのようです。

男性って、一度は道具を使ってみたいものなのかしらね。結構な方が道具をお使いになりました。(言い方どうよ 笑)

一番ありがたいのはね。専用のものを買ってくださる方。

だってさー。枕元に置いてある電マなんて、誰が使ったかわかんないじゃん。消毒されてるんだろうけど、こちら的にはあんまりいい気はしないよね。

でもね。枕元にあると、だいたいの方がお使いになります。

本命のパートナーとはできないから。

うん。よくわかる。

奥さまにしろ彼女にしろ、本命には嫌われたらどうしようと思うし、そんな自分を知られたくないっていうのもありますよね。

わたしもずっと若い頃はね。相手に遠慮して言えませんでした。

気持ち良くないことをね 笑

もうね。仕方ない。わたしがずっと若い頃(20年以上前)は、相手も若かったから、経験もしれてる。

わたしは男性のテクニックは人数に比例すると思っています。

回数も必要なんだろうけど、人数の方がわたしは重要。いろんな反応を見てきているから、反応を探るのが上手だと思います。

だってさー。加藤鷹さん、あんなにお仕事でされてるのにも関わらず、プライベートでも500人よ!

そりゃゴッドフィンガーだわ。

また今日も脱線したわ。道具の話に戻ろうかしらね。

わたしは快楽さえ得られれば、何を使われようが気にしないので、もちろん道具も大歓迎です。

でも痛いのは嫌いです。

Mですが、縛られたり叩かれたり、放置されたりするとキレます 笑

バックでお尻叩きながらするのが好きな人っているでしょ?アダルトビデオでもよく見る光景だと思うんだけど。

ナニを握り潰してやろうかと思うよね。

相手のタイプをよく見てやるのがよろしかろうかと思います。

そうそう。道具は、マンネリ防止にも使えます。

昨日も書いたけれど、いつも同じことしてるから飽きるのよ。たまには違う刺激を入れるのが良いですよ。

自信がない男性は、自分のテクニックに一生懸命になって、パートナーの反応をちゃんと見れていないことってないですか?

そんな時に道具に頼ることで、相手の反応を観察しやすくなるという効果もありますよ。

そうだ。道具初心者さんには、電マはおすすめしませんよ。

男性が「このくらいが気持ちいいんじゃないか」と思う押し付ける強さは、気持ち良いどころか、ものっすご痛いです。イラっとして、蹴ってやろうかと思います。

勢いあまって、ヘタクソと言いそうになったこともあります。

使いたい場合は、相手に強さを確認してから楽しむのが礼儀だと思います。

というわけで、最初はローターか小さめバイブから始めてみるのが良いのではないでしょうか。

自分のモノより太いバイブは、やめた方がよろしいかと思います。後々自分が後悔しますんで 笑

アダルトビデオはあくまでも、男性の理想です。それをすべての女性が喜ぶと思ったら大きな間違いです。

そんなインプットをする前に、目の前にいるパートナーの反応をしっかり見て欲しいと思うわたしです。

■連載中の黒歴史シリーズはこちら

■箸休めのつぶやき
肉食と草食。ベッドの中での見分け方。

 

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka

肉食と草食。ベッドの中での見分け方。

どうも。お股とお肌の専門家 芝野加誉子です。

今朝オフィシャルブログに書いたロールキャベツとアスパラベーコン

アメブロさんではガッツリ下系のネタを書くと消される恐れがありますので、こちらで少し続きを書きます。

というわけで、今日のはガッツリ下ネタ入ってます。苦手な方は、ここでUターンしてくださいね。

肉食か草食か。わたしは草食の雰囲気にはまったく興味がないのでよくわかりません。

肉食かそうじゃないか。ただそれだけ。

世間では肉食認定されている人でも、自分と比べて肉食でなければ、わたしの中では肉食とはみなされません。やっぱり自分が基準ですわ。

だからいくら肉食っつっても、愛玩小動物系は興味ないわね。わたし、ハイエナなんで。

ライオンとかヒョウとかが良い。ガックン(GACKT)のサーベルタイガー的なのは超理想ですな。

これはね。見た目云々じゃないと思ってます。肉食には肉食特有のオーラ(ギラギラ感)がありますんでね。大型肉食獣は目が合っただけで落とされますわ 笑

だからガックンがもしもアスパラベーコンだったら、その演技力にドン引きする…

わたしはね。オフィシャルブログでもちょっと書いたんだけど、肉食獣に喰われる感じが好きでして。

お腹を空かせた獣が肉だけじゃなく骨まで貪る感じね。その人の一部になるような感覚を味わえるんですわ。

よく勘違いされるんだけど、乱暴なのとは違います。勘違いする時点で肉食失格ですよ。

で。情事の中での肉食と草食のわたしなりの見分け方。女性とベッドを共にしたことがないのでそれはちょっと置いておいて、男性の例でいくわね。

肉食は自力で立つけど、草食は自力では立たない。というか、立たそうとしない。

肉食ってね。相手が望むことを先回りするのが本当にうまい。だから相手が喜ぶところを探すのも上手い。女性のちょっとした反応も見逃さない。

自分のテクニックで女性の反応する姿が嬉しいんですって 笑

大型肉食獣に限っては、何回しようと、フェラチオがなくても女性が濡れてさえいれば挿入できるんじゃないかな。

大型肉食獣でフェラチオをご所望の方は、それで気持ちよくなりたいのではなく、相手のその顔を見たいからっていうのが多いと思います。だからフェラをするとすれば、始めの頃から中盤頃まで。

まぁね。わたしも相手の気持ち良くなってる顔を見るのが好きだから、してましたんでね。女子は相手をよく見ていれば、テクニックなんてそんなに要らないのよ。

草食はね。自分が気持ちよくなるためにフェラ希望されるかな。

あっ。1回目は誰でもできて当たり前よ。2回目以降の話ね。

でもさー。よく考えて。

こっちがせっかく気持ちよくなって入れてくれって思ってるのに、そこでフェラしたら乾くじゃん?

いや。そんな乾かないけど 笑

でも気持ち良くなってるところでわざわざフェラして、それから挿入ってちょっとテンション下がるんだよね。わたしだけだったらごめんなさいね。

結局はね。肉食って、相手にやってあげるのが好きなんですよね。相手の喜んでいるところを見るのが好きなの。

加藤鷹さんも言ってた。本当のSではAV男優はできないって。でもそれが肉食の証なんじゃないかと思いますわ。

そうそう。アダルトビデオばっかり見ていても、全然上達しませんよ。インプットだけして、アウトプットをしていない状態ね。

誰にも迷惑をかけないのであれば、実践あるのみです。パートナーがいる方はね。風俗に行ってね。

ってか、パートナーとしろ?

これはあくまで、わたしの見分け方です。情事の機会のある方は、パートナーがどっちか見てみるのも面白いですよ。

連載中の黒歴史シリーズはこちら
1.黒歴史のはじまり
2.きっとわたしが一番愛した男(ひと)
3.色気なんて状況次第で自然と出てきます
4.キスマークと年下彼氏と出会い系
5.まだ愛してるなんて勘違いです
6.顔で選んだわたしの大誤算
7.仕事とSEXは家庭には持ち込まない
8.彼女の悪口?いえいえ、貴方の悪口です。

 

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka