快楽を得るためには要望を伝える

どうも。芝野加誉子です。

冬眠中の熊のごとく、いくらでも眠れるわたしです。寒いって嫌ぁね。

黒歴史も書いてると、どんどんとネタがなくなっていくわね。

そろそろネタも尽きてるんだけども、楽しみにしてくださってるという温かいメッセージをいただくと、思い出し甲斐があるっちゅうもんです。

そんな今日はSEXの時に、要望を伝えるか否かについて書いてみようと思います。

わたしにも若かりし頃はもちろんあったわけで。若い頃は、相手に遠慮して要望を伝えるなんてことはまったくできませんでした。

されるがまま。言われるがまま。

要望を伝えるイコール相手が下手クソだと言ってるようなもんだと思ってましたんでね 笑

でもね。それなりに経験と歳を重ねてくると、気持ちの良くないSEXに時間を費やしているのが勿体ないと感じるようになりました。それからは相手には要望を伝えるようにしてきました。

28歳頃からかしらね。

そう。タイガーウッズと同じ病気だった頃からよ。愛がなくても嫌いじゃなければ大丈夫なんて、スポーツ感覚で空腹を満たしていた頃です。

だってさー。たいして気持ち良くないのに、感じてるフリをするのもめんどくさいし、実はそれってすごく相手に失礼じゃない?

でだ。いくら頑張ったって相性が悪い場合もあるんですよ。サイズの問題とかさぁ。

わたしの場合は大き過ぎて入らないっつーのは経験ないかな。

どちらかと言えば…ね…笑

そんな相性があわない場合は次はありませんので、それをわかっていただくためにも、まずはやんわりと要望を伝えます。

「もっと奥まで」つってね。

要望に応えようとするけど、どうしようもならないという状況を引き起こす。

ずるいんだけどね。自分でわかれよってことですよ。

SEXの相性はね。愛じゃ乗り越えられませんからね。

わたしはね。SEXありきのお付き合いですんで、そこで快楽を得られなければ無理ですわ。

だからまずは喰ってみるんです。相手に情が生まれてしまってから相性が悪いことがわかっても、別れづらいでしょう?

後はね。テクニック不足の場合ね。

これは確実に要望を伝えた方が良いです。

でも残念なのは、要望を伝えたところですぐに改善できるものでもないっつーことですよ。

そんな時はとりあえず動いてもらうに限るね 笑

それも伝えるの。遠慮なんかしちゃダメよ。

男性だって「咥えて」って言うでしょ?
それと同じだから。

それでもテクニック不足の場合も次はないかな。わたしは出来上がった男性が好きなんですわ。育てるなんてことには興味はありません。

テクニックが上がるまで待ってられないわよ。

テクニシャンな男性の見分け方?

相性はさておき、テクニックに関しては、色気のある男性は基本的には上手いと思います。

それなりの経験を積んできた上での色気ですんでね。

たまに漫画であるんだけど、色気たっぷりな処女とか童貞なんて、そうそういやしないと思うわ。

しっかり要望を伝えて、素敵なSEXライフを送ってくださいね。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ:温活女子向上委員会
Instagram:onkatsu_joshi.osaka

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中