本能的に匂いで選ぶ

どうも。芝野加誉子です。

昨日のSとMと男と女はたくさんの共感をいただけたようで、とても嬉しいです。

やっぱりね。間違った思い込みは怖いよね。

では、さっそく本題にいきましょうかね。

今朝オフシャルブログで、お股の専門家とは何ぞやってことを書いたんですけども。

お股の専門家っつって名乗ってますとね。マニアックなご質問もいただくわけですよ。SEXについてのね。

冷やかし的なものはすべて即削除させていただいております。お誘いも受け付けておりません。

真剣なお悩みも、個別にはお返事していません。悩んでいる方が多そうなテーマはブログで取り上げることもありますんで、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

でだ。冷やかしの中で多いのが、SMプレイに関することね。

縛られるのは好きかとか、ロウソク使ったことはあるかだとかね。

うん。昨日も書いたけど、わたしは痛いのが嫌いなMですんで、ショーのようなSMプレイには自分がするとなったらまったく惹かれません。むしろ引くわ。←上手いね、わたし 笑

あっ。ショーとして見るのは好きですよ。芸術的に美しいものは好きですからね。

つーかさぁ。そんなことはわたしに尋ねるよりも、好きな人とやってくれ?

過去にもわたしのMっぷりを見抜いた人にお誘いを受けたことはあります。でも痛いのだけは勘弁してくれと伝えました。

ら。手枷・におい足枷と玩具を持って来られました。まぁそのくらいまでが、わたしが楽しめる許容範囲です。

お互いの趣向が一致していて良かったわ。

で。それ以上をお求めの方は、わたしには声をかけてこられませんでしたね。匂いでわかるのよ。

過去にそういう趣向をお持ちの方がいらっしゃったんだけどもね。その方は、ご自宅に専用のお部屋をお持ちでした。

パートナーとのプレイを写真で見せてくださったんだけども、めっちゃ反応に困りましたわ。

たぶん最初は写真を餌に釣ろうと思ってらっしゃったっぽいんですけどもね。次第に趣向の差にお気づきになられたようです。

「君じゃ、お互いに満足できないかな」って言われたよ。

わたしもそう思うわ 笑

えっとね。からだの相性がいい相手からは、ものっすごく美味しそうな匂いがするのよ。首をかじりたくなるよね。

これがフェロモンなのかしらね。遺伝子レベルで引き寄せられる気がするわ。

だから趣向の部分も含めて、匂いにピンとこなければ相性はそこそこ止まりかなと思われます。

これも持論ですんでね。そんなことないよって場合はごめんなさいね。

でもこれね。テクニック云々でどうなることでもないと思うんですよ。

だってただイキたいだけなら、自分の右手もしくは左手で十分だもの。相性ってそうじゃないのよ!

あー。誰か代わりに説明してー 笑

というわけで、複数の相手の中からなかなか一人に絞れない場合は、まずは匂いを嗅いでみてください。

美味しそうな匂いを選べば、きっとハズれませんから。

たまには本能に忠実になってみてくださいね。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中