価値観が一緒なのが重要ポイント

どうも。芝野加誉子です。

久しぶりにイライラが控えめな日曜日です。毎日心穏やかに暮らしたいもんですわ。

今日は黒歴史を踏まえた上での今の思いを書いてみたいと思います。

今朝オフィシャルブログで枕営業に意味がない理由を書いたんだけども。

今まで書いてきた黒歴史で、わたしは枕営業は一切ありません。お客さまと関係を持ったことはあるけどね。個人的な好意であって、営業ではありません。

プライベートで付き合うと、店には来なくなるんでね。

からだ目当てなのかと言い放った人もそうなんだけど、完全に脚は遠のきましたね。

この人は、もともと店の常連さんがたまに接待で連れてこられてたんですわ。だからお店に独りでこられるような人ではなかったので、別に普段は店に来てくれなんて思ったことはありません。

でも誕生日やクリスマスくらいは、わたしも付き合ってる人と同伴してでも一緒にいたいわけですよ。

それで、たまには同伴してくれつったら、じゃあ売り上げに貢献するんだから、自分とこで扱ってる商品も買えっつってね。

はい?(右京さん風にね)

これは別れた年に言われたかしらね。

これがね。遊び相手だったら何とも思わない。それが仮にも家にまで上がり込んでるヤツの言う台詞かっつーの。

こんな交換条件出された時点で、きっともうわたしは冷めてたんだわね。家に帰ると部屋を散らかされていることにもウンザリしていたしね。

気持ちはすでになかったから、その後のカラダ云々が決定打になっただけですわな。

あぁ。思い出すのはそんなセコいところばかりだわ。一度キレてしまうとね。良い思い出なんてすべて消滅してしまいますな。

唯一付き合いだしてもマメに通い続けたのは、今のうちの夫。

うちの夫は、他の店の紹介で、接待でやってきたのがはじめましてです。そこからマメに通ってくれるようになってね。

付き合い出してからも、わたしに格好付けさせるためだけに店に通ってましたわ 笑

だから結婚に辿り着いたのかもしれません。

うちの夫はね。化粧して完全武装したわたしが好きなんですよ。だから出掛ける時間が掛かっても、なるべくなら化粧をして欲しいらしいです。

ぺったんこの靴よりも、歩くのが遅くても良いからパンプスの方が良かったりとかね。

これ、結婚してから話すと結構びっくりされるんですよ。化粧なんて良いから早く出掛けようって言う旦那さんがわりかし多いみたいですね。そんなもん?

まぁ好みの問題なんでしょうけどもね。完全武装したわたしっつーより、完全武装したわたしを連れて歩くのが好きなのか?

まぁどっちでも良いわ 笑

そういう点では、実の母よりも夫といる方が楽ですわ。うちの母親は、完全武装したわたしを見て、目立つから恥ずかしいなんて言いますからね。

やっぱりね。そういう価値観も一緒じゃないと、ずっと一緒にはいられません。

それを考えると、やっぱり夫との出会いは運命だったのだと思います。

■黒歴史シリーズ第1章はこちら
■黒歴史シリーズ第2章はこちら

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中