胡散臭いエネルギー交換

どうも。お股とお肌の専門家 芝野加誉子です。

昨日は久しぶりに楽しい有意義な時間を過ごしたから、今日は朝からいつもよりやる気よ!

やっぱりたまには女子力を上げる行動をとるのも大事ですな。

そうそう。今日はすぐに書く予定で忘れていたタイガーウッズと同じ依存症

「癖は治らないけれど、病気なら治る。だから、時期がくれば治るよ」

と言ってくれた人について書いてみます。

その方は神社仏閣の修繕修理に関わるお仕事をなさっている方で。それが理由なのか、不思議な力をお持ちでした。

わたしは当時は石(パワーストーン)を癒すことができたので、お客さまがあまりにも疲れたお念珠(天然石で作られたもの)をされている場合は、石を癒して差し上げていました。

これがまたね。疲れるんですよ。

石の疲れを取るってことは、その疲れが一気にわたしのからだに溜まるんでね。たいした力ではないので、その疲れを放出するなんて技を持ち合わせてはいませんでした。

後はね。視える方には、よく止まり木になってるねと言われていました。わたしの肩が落ち着くんですって。

嬉しいんだか嬉しくないんだか…

霊は賑やかなところがお好きなようです。

そうそう。普段人の目に視えないものは、亡くなった方よりも生きている方の方が怖いです。執念なのかしらね。

大切なお客さまと一緒に店に来られたはじめての方。古巣の店は年配のお客さまが多く、肩のマッサージをすると大変喜ばれていたので、その時もお客さまに頼まれてマッサージをしていました。

でもね。肩を揉んでるとゾクゾクするんです。気付かないフリができないくらいに。

仕方ないから数を数えるよね…

うん。女性が4人?5人?

しかもみんな生きてるよ?

見て見ぬ振りもできないので、お客さまにさりげなく聞いてみました。

ら…「つい最近遊び相手を5人切ったばかりなんだわ」って笑いながらおっしゃってました…

マジか…

うん。怖いです。

彼女たちに丁重にお断りをし、わたしは関係ないことをひたすら念じ続けたのは言うまでもありません 笑

そんなことが続いていた時に初めてお会いした不思議な力をお持ちのこの方。はじめましての時は、手から疲れを癒していただきました。

まぁそんなに疲れている理由も聞かれるよね。で、どうしても大切なお客さま限定にしないと、からだが持たないよと言われました。

そしてしばらく時間があいて、二度目にお会いした時。わたしはタイガーウッズと同じ依存症の真っ只中でした。

雰囲気と周りに漂うものでわかるんですってね。だいたいのことを当てられました。そしてあの台詞に至るわけです。

で、ですよ。様々な種類の疲労を溜め込んでいたわたし。その方から提案をされました。

「少しで良いのであれば、今ここで手から癒してあげるけど、その疲労は手から癒せるレベルではない。自分とセックスする覚悟があるなら、その疲れをすべて取ってあげる」と。

当時のわたし。ホイホイ乗ったよね。気持ち良くて疲れも取れるなら、一石二鳥だと思ったから 笑

その方との情事の時に実感したことがあります。セックスもエネルギー交換なんですな。

だから彼はわたしの負のエネルギーを全部持っていってくれて、わたしは彼のエネルギーをもらう。

まぁわたしよりパワーがないとできないことですよね。通常は心地よい愛のエネルギーの交換だと思うから。

この時はね。わたしは俎板の鯉状態で、疲労をすべて取ってもらったので、わたしは完全復活。翌日の酒が美味いのなんのって!

逆にこの方…窶れてました 笑

翌日もう一度お会いした時も窶れたままで、「しばらく貴女のお相手はできません」と苦笑しながら言われました 笑

胡散臭いと思うでしょう?
だったらそんな話に乗っからなければ良いだけ。

それを選ぶも選ばないも、すべては自己責任ですからね。

でもね。胡散臭いと思う人は、本気でセックス してみて。エネルギー交換の意味がわかると思うから。

その方と最後にお会いしたのは、夫との結婚話が出ていた時。

まだ「俺のからだが…」の人とも別れていなくて。でも独身二人と付き合うなんて器用なこともできないので、その方に相談しました。

独身を遊び相手にできるのは、相手がアラサーまでよ。それ以降は、結婚する気がなけりゃ申し訳なくなりますわな。

相性を見てくれた彼は、即夫を選びました。「俺のからだが…」の人は、わたしとエネルギーレベルが違うから、一緒にいるとどんどんダメンズ化していくんですって。

わかるわー。

そして夫を選ぶことを決めた後。自分はもう必要ないからと、わたしの携帯から連絡先を目の前で消さされました。

「自分が必要になった時は必ずまた会うから、それまでは必要ない」んですって。

男前でしょう 笑

それからもうすぐ8年。いまだに彼と再会する気配はありません。

それだけわたしが幸せに暮らしてるということですよね。

このまま彼とは二度と会うこともなく、想い出のままでありたいと願うわたしです。

■連載中の黒歴史シリーズはこちら

■箸休めのつぶやき
肉食と草食。ベッドの中での見分け方。

 

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka

胡散臭いエネルギー交換」への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中