わたしもドン引く切除跡

どうも。お股とお肌の専門家 芝野加誉子です。

朝からお腹が空いて仕方ない。停滞期だから?

あんまりお腹空きすぎて、オヤツにタコ焼き食べちゃったよ。今日の気分は、甘いものよりお腹が満たされるものです。

今日もさっそく黒歴史の続きを書きますわね。当時のわたしを知ってる人は、「ここまでか!」と思いながらウケているらしいです 笑

連載中の黒歴史シリーズはこちら
1.黒歴史のはじまり
2.きっとわたしが一番愛した男(ひと)
3.色気なんて状況次第で自然と出てきます
4.キスマークと年下彼氏と出会い系
5.まだ愛してるなんて勘違いです
6.顔で選んだわたしの大誤算
7.仕事とSEXは家庭には持ち込まない
8.彼女の悪口?いえいえ、貴方の悪口です。

さて。前回は、わたしが暴言吐いた人で終わってたわね。

わたし、基本的には温厚ですんでね。そんな暴言吐くなんて滅多にしないんですわ。キレない限りね…

たぶんね。わたし、よっぽど彼の情事に対する姿勢が嫌だったんだと思うわ。たぶん好きでもないから、余計耐えられなかったのね。

あー。そうだわ。書いていて思い出した。

まだ会う前のこと。こっちが聞いてもないのに、自分は市川海老蔵に似てるってアピールしてたのよ。

全然似てなかったんだけど。

海老蔵さまに謝れ!

だから自分はカッコイイと思い込んでいたのね。

自分はカッコイイから、たいして前戯しなくても大丈夫だろうって?

勘違いは顔だけにしてくださいよ。

最後に面白いことを思い出せて良かったわ。

こうやって、この彼に暴言を吐く少し前。少しだけ大人の男性と、例のSNSサイトで知り合いました。

10歳くらい上だったかしらね。もっと若かったかしら?全然覚えてないわ。

で。その彼なんですが。尖圭コンジローマ(性病よ)の切除跡がありました…

うん。さすがのわたしもビビったね…

既婚者だったんだけどもね。性欲が強過ぎて、奥さまがお相手仕切れないから、奥さま公認の浮気…というより遊びなんですって。

性病は過去のお相手にうつされたんですってよ。それにはさすがの奥さまも大激怒で、避妊と性病対策だけは怠るなと言われたらしいです…

奥さま、強いな。まぁいろんな家庭の形がありますね。

そうそう。尖圭コンジローマってね。性器に刺刺したイボができるんですよ。良性のものは自然治癒の可能性もあるらしいんだけども。

きっと彼のはカリフラワーみたいになっちゃったんでしょうね。裏側がガッツリとレーザーで焼いて切除してありました。だからその部分がえぐれて凹んでるの。

結構ドン引きます…

それでも、先にも後にもそんなことになっているのを見たのは彼だけなので、貴重な経験したわ 笑

そんな彼は隣県との境の辺りにお住まいでしたので、そうそう会えることもなく、わりかし早くに自然消滅しました。確かそうだったはずよ。よく覚えてないわ。

SNSサイトをこんな使い方をして気付いたこと。

真剣な出会いを求めてはいけません。

ほとんど遊び相手を探していると思った方が良いです。わたしもそうだったしね。

中には本気でお相手を探していらっしゃる方もいます。でも、モテない人だと思っておいた方が良いです。見た目の問題ではなくてね。

やっぱりゲームメインのサイトは、ゲームを楽しむのがよろしかろうと思いますよ。

わたしが言うのもなんですが、火遊びはほどほどに…

 

オフィシャルブログ 温活女子向上委員会
Instagram onkatsu_joshi.osaka

わたしもドン引く切除跡」への8件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中