守るものができると変わることに気付く

どうも。芝野加誉子です。

e76eba2ad8eff90b2ea9246a32c24a1c_s

昨晩は余震が気になって眠れませんでした。

過去のわたしだったら、地震の後だろうが何だろうが気にせず寝てました。だって何かあった時でも長年独りか、もしくは夫とふたりだったから、大人だけだったら何とでもなるから。

人は死ぬときゃどう足掻いでも死ぬんだし、それもまたわたしのさだめだと思ってました。

でもね。守るものができると違う。腹括ってたはずなのに、ちょっとやそっとじゃ死ねないわと思ってしまう。

子どもの成長をこれからも見続けたい。

だから何としても守りたい。

とか思ってたら、全然眠れなかったんですわ…

自分でも勝手なもんだと思うけど、まぁそんなわたしもわたしです 笑

 

*昨日書いた「男の育児」は子どもにとって迷惑なのか?で、不快に思われた方がいらっしゃるようなので、追記・修正しました。

昨日の記事は0歳から3歳までに限って書いたわたしのひとりごとです。

それぞれ家庭環境は違うと認識した上で書いた記事ですので、不快な方は戯言だと思ってスルーでお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中