この歳になったからわかること

どうも。芝野加誉子です。

最近、わたしはある行動が父にそっくりなことに気が付きました。

困っている人を見ると放っておけない

e742813b2f86fee6d09981b549c8aee4_s

子どもの頃に、子ども目線で見ていた父は、ただのええかっこしいでした。だってお金がないって言ってるのに他人にお金を出すなんて、そんなお金があるくらいなら、わたしだって欲しいものがあるんだから子どものために使えよって思ってました。

でもね。今ならわかる。放っておけなかったんですよね。自分の家族は何とかなると思ってたんだと思う。そして何とかなっていた。母が何とかしてたから 笑

薄々気付き始めていたつい先日。新潟にいた時にたまに寄っていたお店がクラウドファンディングで資金集めをされてました。少しでも助けになるならと思ったんだけど、金額もお安くないので夫に相談。すると「自分がそんな余裕ないのにできないでしょ?」と言われる…

うーん…その通りだよね。まずは自分と家族が一番だからね。それはわたしが一番よくわかってる。なので今回はいったん諦めました。でも次回があれば必ず!と決めました。それまでにしっかり余裕を作る。

夫は決して冷たいんではないんです。例えそんなに余裕がなくても、子どもたちに向けての募金は絶対に反対しません。夫なりのお金の使い方が決まっているようです。だから相談するようにしています。事後報告も多いけど 笑

昨年父が亡くなって、母からは「父にそっくり。お人好し過ぎる」と言われました。それの何が悪いんだ?と思うけど、血が繋がっていても分かり合えないことはある。だって母は父のせいで、しなくても良い苦労をしたと思っているから。だからそこはスルーしています。

今のわたしだから思うこと。お人好しでも良いじゃない。例えそれで騙されてたって、騙した人がそれで幸せになれるんだったら良いんじゃないかと思うわたしは、やっぱりお人好しなのかもしれません。

騙されてるのを知っていて、それを相手に言わないのも本人が選んだ道。それを他人がとやかく言うことではないと思う。それをとやかく言いたいのは、他人軸で生きているからなのか…?

ブログに吐き出すことによって、わたしは父との関係を修復できているのだと思います。お付き合いくださる読者さま。いつも本当にありがとうございます。

これからもちょくちょく父がブログに登場することもあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

温活に関するお問い合わせはお気軽に♪
info@onkatsu-j.com

——–

温活女子向上委員会Osakaオンラインショップ
オンラインショップオープン記念キャンペーンやってます♪
3_000000000001

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中