生理中ふんパンをお休みしていた結果

どうも。芝野加誉子です。

ふんパン(ふんどしパンツ)デビューをして初めての生理を迎えた初日…生理中のふんパン使用を諦めました。

何故なら…

パンツの意味がまったくないから!

わたしはお手洗いで排血を心掛けていますが、完全に漏れないわけではありません。しかも外出していると、1時間に1度必ずお手洗いに行けない状況のこともあります。先日の幼稚園の入園式では約2時間お手洗いに行けませんでした。

そんな時のために、ナトラケア(オーガニック紙ナプキン)を使用しているのですが、ふんパンではまったく紙ナプキンを着けている意味がない。お股とナプキンの間に隙間が空きまくり 汗

しかもふんパンはお股の部分の幅が広いので、お股とナプキンの間にふんパンが侵入してくる始末。これじゃ布ナプキンしてるのと変わらないんですけど…

e909a-0000000001262

*画像はりふらんさんからお借りしてます

普通のパンツのように見えるでしょ?

でもふんどしパンツだから形はもちろんこんな感じです。

ってなわけで、生理中はふんパンをお休みすることにしました。代わりにお洒落なおパンティ穿いてたんです。そうしたらどうなったか…

お腹がめっちゃ冷たい!

そうなんです。ふんパンでせっかく温まったお腹がすっかり冷えました。

生理中はただでさえからだが冷えやすくなっています。それが化繊の下着をつけることにより、よりからだが冷えてしまったようです。

しかもお洒落なおパンティって、布面積が小さいので、鼠蹊部をやはり締め付けてしまうんですよね。それにより血流が悪くなり、からだが冷えやすくなるというのも理由のひとつだと思われます。

綺麗なレースの下着って、女性には必須だと思うんですよ。今でこそ健康オタクなわたしですが、アラサーの頃までは常にレースのTバックでした。基本いつでも勝負下着でしたから 笑

Tバック派の方には温布Tバック用もありますよ♪

*黒色もあります

お洒落と温活が一度にできる優れものです。仕事中はしっかりからだを温めて、デートの前に外してしまえば大丈夫。

そして家でリラックスする時は、からだに優しい生活をしてみてください。

ノーパンも良いんですよ。ストレスフリーだから。家では裸族の時期もありました。でもノーパンだとからだは冷えます。

シルクやコットンでできた下着は、お肌に優しいだけでなくからだを温める効果もあります。そして締め付けないのも重要なこと。

いつも戦闘モードだと疲れてしまいますよね。それはからだも同じです。たまにはダラーっと緩めてみてくださいね。

温活に関するお問い合わせはお気軽に♪
info@onkatsu-j.com

——–

温活女子向上委員会Osakaオンラインショップ
オンラインショップオープン記念キャンペーンやってます♪
3_000000000001

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中