できないことは、できる人にやってもらえば良い。

どうも。芝野加誉子です。

今日は朝から子どもの幼稚園の準備に追われています。

bd1b9ff09d80cfa42d92592212ef6a34_s

明日入園式だというのに、ブラウスにはアイロンあててないし、体操服入れやら上履き入れやらに名前をつけるのを忘れてました 汗

しかもその体操服入れやら…プロに作ってもらいました♪

幼稚園の説明会に行った際、作らないといけない布バッグ等が7点ほどありました。そこで最初からミシンを買うという選択肢はなかったわたし。今回買って使ったところで、また押入れの奥で眠るのはわかっていたから。

一応自分の長襦袢の裾上げやら半襟付けやらは自分でやっているわたし。全部手縫いでやろうかと思っていたところで、夫のひと言。

可哀想だからやめてあげて!

あ…うん…

そりゃそうだよね。愛込めて縫ったって、たくさん縫ってりゃガタガタの縫い目になるのはわかってる。しかも子どもはそれを3年間使わなきゃいけない。そして縫っている間は完全に子どものことは放置になる。キルト生地だから、手縫いだと超時間かかるんですわ…

それをすべて考えた上での夫の言葉。だから生地や糸は子どもと選んで、そのままプロに委託しました。

これぞ有意義な手抜き!

しかも、お値段的にはミシンの3分の1くらいのお値段。うん。小学校に上がる時もお願いしよう 笑

以前のわたしなら、手作りじゃなきゃ愛がこもってないと思っていました。ご飯もそう。でもそれはわたしが思う愛の形なだけで、時に押し付けになることもある。愛の形は人それぞれ違う。それを教えてくれたのが夫。

そう。できないことはできる人にお願いしてやってもらえば良い。そしてその空いた時間で自分のできることをやれば良い。

わたしはもともと子ども全般好きではなかったので、いくら我が子とは言え、1日中一緒にいるので気が狂いそうになることもあります。だから夫の休日には、完全に夫に子どもを任せてわたしは1日中パソコンとお喋りしています。

だって子育ては休んだって、家事はやらなきゃいけないんだからー。自分で全部抱え込まないで、誰かに助けを求めたら良いんです。

あれもやらなきゃ。これもやらなきゃ。って全部抱え込んでたら「何でわたしばっかり…」って思いませんか?わたしはいつもそう思っていました。

でも実は助けてくれる人はすぐそばにいたんです。お願いするだけでやってくれるんです。

お願いしなくても気付けよって?

無理です!

お願いされないから大丈夫だと思われているんです。

もしお願いするのは悔しいと思っているなら(過去のわたし)、その悔しさを飲み込んで1回だけ試しにお願いしてみてください。癖になるから 笑

周りは優しい人で溢れています。

温活に関するお問い合わせはお気軽に♪
info@onkatsu-j.com

——–

温活女子向上委員会Osakaオンラインショップ
オンラインショップオープン記念キャンペーンやってます♪
3_000000000001

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中