何回思い出してもすぐ忘れる。言わなきゃ何も伝わらない。

どうも。芝野加誉子です。

昨日は夫が休みだったので、昼からせっせと子どもの幼稚園入園の準備をしていました。

制服や体操服に名前をつけるのは、アイロンでつける名前シールを買っていたので楽勝だったのですが、問題はサスペンダーと裾上げ。3年着てもらわないといけないので、とにかく制服が大きい。ジャージの裾も長い。

まずはすぐ終わるボタン位置の付け替えから。と思ったら、元々付いているボタンがなかなか取れない。

どんな付け方してんだよ!

とまぁ若干イライラしながらボタンを外す。外してしまえば、付けるだけなので簡単。でも針があって危ないので、子どもには夫と遊んでいるように伝える。

が…しょっちゅう邪魔しにくる。夫を見たら寝転んでテレビ見てるし 怒

子どもに「パパと遊んでて」って伝えて、次はサスペンダーに名前を付ける。アイロンシールじゃ取れそうなので、ネームタグを縫い付けることに。でも表側に糸が出るとお洒落じゃないよねーとか考えて悪戦苦闘してみる。

やっと縫い始めたところで、また子どもが来る。パパに「あっち行って」と言われたと。

は?意味がわかりませんけど?

だんだんイライラしてくるわたし。サスペンダーの硬さにもイライラしてるのに、余計にイライラさせるなよ。子どもには、パパにテレビ観せてもらってとまた追い返す。

次、ジャージの裾上げ。あらかじめ裾上げする長さははかっていたので、メジャーではかってまち針を打つ。また子どもが来る…わたしのイライラMAX…とうとう子どもにキレる。

ママを独りにしてくれ!

キレながら裾上げしたら、表に糸が出たところもあるけど、直す気にもなれずそのまま。どうせすぐ背が伸びで裾上げし直さなくちゃいけないんだから。

最後は制服のブレザーの袖丈直し。裏地があるものは簡単でいいよね。サクサク塗って終了。

全部終わって気が付いた。夫にはイライラをぶつけていない。文句を言ったのは邪魔しに来た子どもにだけ。すべて子どもじゃなく夫に言えば良かった。

いや。夫もいる前で言ったよ?

「ママはこれから幼稚園の準備するから、パパとご飯食べててね」って。

ご飯食べたら終わりかよ!じゃあわたしが遊びに連れて行くから、代わりに準備してくれよ 怒

でも全部言わなかったわたしが悪い。いつも思ってるはずなのに、すぐに忘れる。子どもはね、言わなきゃわからないって思ってるから全部伝えるのに、大人だったらわかるだろって思ってしまうんですよね。

大人だろうと何だろうと、自分とは違う人間だからわからない。血の繋がっている親子だったら多少のテレパシーも使えるかもしれないけど、夫婦なんて元は他人なんだからテレパシーなんて使えないよ。

「忘れた頃にやって来るとは正にこのこと」を実感した日曜日でした。

温活に関するお問い合わせはお気軽に♪
info@onkatsu-j.com

——–

温活女子向上委員会Osakaオンラインショップ
オンラインショップオープン記念キャンペーンやってます♪
3_000000000001

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中