春分の日の気付き。すべては天の采配なのかもしれない。

どうも。芝野加誉子です。

今日はちょっと現実的ではない(若干スピリチュアル?)はなしですので、興味ない方はスルーでお願いします。

32c58c85701ec774bab0f7d8a9d145f1_s

父が亡くなってからの揉め事の発端。

「借金を旦那に丸投げして、別れて地元に帰ってこい。でなきゃ、借金一括で返せ。」

という親戚のセリフ(脅し?)を父の葬儀が終わった翌日に受けました。

その人から借りてる借金280万円。もちろんわたしは夫と別れる気なんてさらさらない。

どんな嫌がらせですか?

それとも何?わたしに喧嘩売ってんの?沈めるぞ?

その時はお金を借りてる手前、大人しくしてました。でも別れる気はないことだけはきっぱり伝え、借金も返すことも伝えました。

その借金も無事一括で返済し、その人とはありがたいことに向こうからの申し出で縁は切れたんですけども。そうなるように仕向けた流れを作ったのはわたしなのは、ここだけのはなし…

「あなたのため」という人は、決まって「あなた」のためなんか思ってません。思っているのは自分のことだけ。

どうすれば自分の有利になって、どうすれば他人さまから良く見られるかしか考えていません。それも無意識に考えてるんです。

そして自分の言うことを素直に聞くのが当たり前だと思っています。自分の言うことを聞かない人は間違っていると決めつける。そんな人は、こちらの意見を臆せず言えば良いんです。

叶恭子さまもおっしゃっていました。

「あなたのためを思って」という人には「自分のために生きてください」と言葉を返しましょう」

叶恭子さま、ブラボー!!

で。春分の日の今朝、起きがけにフッと思ったこと。

天から試されてた?

夫と別れて云々っていうのは、実は天がその人を介してわたしを試したんじゃなかろうか。夫婦仲が超険悪だった昨年前半を乗り越えての、昨年末最後の試練だったのかもしれない。

夫を選ぶのか、お金を選ぶのか。

もちろん両方選びますよ!

どっちかなんて選べるもんかい。

そう思うと、その人に対する嫌悪感が一気に引いていった。あぁ、その人はわたしのために天との仲介をしてくれたんだって。でも今後付き合いをする気はまったくないけどね 笑

そして、その人(が雇ったヘボい弁護士)のおかげでうちの夫婦はより団結した。それもきっと天の采配。

宇宙元旦の春分の日に気付けたこと。きっと大きな意味があるんだと思う。

今年は素敵な1年になりそうな予感しかしません。

温活に関するお問い合わせはお気軽に♪
info@onkatsu-j.com

——–

温活女子向上委員会Osakaオンラインショップ
オンラインショップオープン記念キャンペーンやってます♪
3_000000000001

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中