喉が痛い時、薬を飲む前にちょっと待って。今ならまだ間に合うかも!

どうも。芝野加誉子です。

季節の変わり目。

一旦咳が出だすと止まらなくなる方いらっしゃいませんか?

季節の変わり目には気温や気圧が変化しやすいことに、からだが影響を受けているからだと言われています。咳が続くと体力消耗しますよね。

そんな咳対策の我が家の常備品

koren3

れんこん湯です。

これは取り扱っていないので、ご注文いただいてもお送りできませんのでごめんなさーい。
楽天市場やAmazonで買えます。

ちなみにわたしの取扱商品はこちらです。

私はこのれんこん湯が美味しいので気に入っているのですが、他にもたくさん同じような商品があるみたいですよ。

なぜれんこん湯がいいのか?

れんこんに含まれるタンニンが咳や下痢、腫れを改善してくれます。

また食物繊維やビタミンC、ビタミンB12を多く含み、ストレスの緩和や、貧血の改善、整腸にも効果があります。

レンコンには穴がたくさんありますが、この穴は節のところでぎゅっと詰まっています。その締める力が、人間の体の穴である喉や気管支などの炎症に効果があると言われています。

れんこんって超優秀!!

わたしは喉が痛いなと感じたら、このれんこん湯をスプーン1杯なめると初期の軽い症状であれば治まります。

うちの子どもも大好き 笑

ちなみに私はマクロビの良いとこどりをしているので、れんこん湯を舐めても葛根湯を飲んでも治らず、咳があまりにも酷いわって時には自己判断で無理をせず、お医者さまに診ていただくことももちろんありますよ。

そしてこのれんこん湯は自分で作ることもできます。

  1. れんこんのすりおろし汁を、倍量ぐらいの水と塩・生姜汁少々をあわせ、小鍋でさっと煮立てる。
  2. 鍋肌が沸々してきたら火からおろして、れんこん湯のできあがり。

レシピはいろいろとあるようですので、もっと知りたいわって方はグーグル先生にお尋ねになってみてください。

自分で作れると、生姜多めとかできるので楽しそう♪
私はズボラーゆえ作る労力は持ち合わせていないので、上記のものを冷蔵庫に常備していますYO。

この他にも、こんな症状の時にはどうしてる?ってお問合せもお待ちしてます。

温活に関するお問い合わせはお気軽に♪
info@onkatsu-j.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中