からだは食べたもので作られるっていうけど、実のところどうなの?

どうも。芝野加誉子です。

よく

からだは食べたもので作られる

って言うけど、実のところはどうなんだろうって方もいるよね?
うん。いるはず!

今日はわたしの過去を振り返って、その辺はっきりさせてみましょう♪
今でこそ温活アドバイザーをやってるわたしですが、過去は温活とは無縁な食生活をしていました。

妊娠するまで…

いや出産するまで、自分でもひどすぎると思うくらいの暴飲暴食三昧でした。

ご飯は普通の量を食べ、オヤツも食べ、アルコールもザルのごとく摂取。水商売の期間は、飲んだ水と言えば水割りの水くらい 笑

それに伴い、結婚してからは特に体重も右肩上がりで人生MAXを記録。

当時の体重は65キロ!

妊娠してからもそれは続きました。

出産予定日直前の検診で高血圧になり、即入院決定。

4日間促進剤を入れた後、予定日にそこそこ安産でうまれてきた我が子は退院後から乳児湿疹がひどく、そこで我に返る…

完全母乳で育てようとしているのにこのままではいけないよ 汗

そこからは食べるものに気をつけるようになりました。

子どもの離乳食が始まる頃には完全に原材料を見るくせがついていましたね。

わが家からは化学調味料と白砂糖は完全撤去し、基本の味付けは醤油・味醂・酒・味噌です。たまに塩麹や無添加コンソメ等も使用します。

3歳を過ぎた今でこそ緩くなってますが、それでも家での食事やおやつは添加物が入っているものはなるべく口に入れないようにしています。(外食時まで気にしてたら何も食べるものがないですからね。)

そんな生活を続けること2年で妊娠前より15キロ痩せました。(今はプラスαになってます 笑)

そして風邪どころか、家族がノロウイルスやインフルエンザにかかっても、ひとりだけ無事。
(小麦や砂糖を摂りすぎると鼻水は出ます。)

そして何より体温が上がりました。

ここだけの話…

妊娠時の基礎体温36.4度

一般的に妊娠すると37度前後になる方が多いんだって。

ちょっと疑ってみましたが、やっぱりからだは食べたもので作られているようです。

温布でお股を温めて、からだ全体も温める。

という外からのアプローチだけでなく、食べるものを少しだけでも気をつけるだけで、日々の生活がより快適なものになっていきますよ。

温活に関するお問い合わせはお気軽に♪
info@onkatsu-j.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中